土・日の定番メニューとなってしまいました「うな重」です。

「うなぎ無しでいい、ご飯にタレをまぶすだけでいい。」と言う息子は、うなぎの味は分かっているのかな?

COMPLETE 1991-2007(マクシム・ヴェンゲーロフ)

100年に一人の天才とか、ヴァイオリン王とか、最高級の称号で呼ばれているヴェンゲーロフ。

その差がよく分からない私は、昔から一度じっくり腰を据えて聞きこんでみたいと思っていたので、2月ほど前にコンプリート盤を購入しておりました。

お盆にでも聞くつもりでいたのに、ブログネタのため得意のジャズばかり聞いていて未開封の状態(汗)!

昨日の土曜日開けてみると、なんと20枚も入っていました!

昨日から1枚につき3回ずつ聞いてまだ4枚目です。

で、どうなの?というお話ですが、私のような素人が聞いても「凄い」というまでは分かります。

じゃあどう凄いの?って聞かれましても、そこはご勘弁。

ヴァイオリンの音を鳴らすこともできませんし、他のヴァイオリニストもあまり知りません(泣)

とにかく、もっと長い時間をかけてゆっくり聞きこんでみたい、と思いました。