いやあ!まじで忙しいです。 わたしもコロナと戦っています。 戦っているつもりだけなんでしょうけどね(笑)。

まずは今日のお弁当です。 いつも、おかずは少なくとも四品は入れることにしているんですが、今日は一品一品がボリューミーでしたので三品です。 朝からちゃんとトマトソースを作って、鶏肉を焼いた後に煮込みました。

名付けて「イタリア弁当」。 なぜだか分かります。

んっ?国旗? 玉子の黄色とアスパラの緑とトマトの赤の三色でイタリアの国旗だから?

・・・ん~っ!残念! てか、そもそもイタリアの国旗に黄色は入ってない、白ですよ。緑、白、赤の三色です。 緑、黄、赤の三色はギニアやマリなどアフリカの国に多いですね。 そういう私もつい先ほど記憶の修正をしたばかりです(笑)。

他には?

んっ?オリーブオイル? まさか、ただおかずの全部にオリーブオイルを使っている、っていうだけで偉そうにイタリアを名乗っているんじゃないかって?

・・・・・(汗)。 そうですけど、なにか?

FOR DJANGO(ジョー・パス)

しっぶ~い名ギタリスト、ジョーパスがギタリストの先輩ジャンゴ・ラインハルトに捧げたアルバムです。 パスのキャリアを代表する名盤です。

もう半年以上前ですか、大学の部活の先輩とずいぶん久しぶりに食事をいたしました。 学生時代お世話になった先輩ですが、先輩は学生のころからギター好きでした。 ロック、ジャズ、フュージョンの壁を越えてギターを聴いたり、弾いたりされていました。

その食事のとき先輩に、ジャズギターに絞れば誰が好きですか?とお尋ねしたら、「自分は絶対ジョーパスのこの一枚。」とのご回答。 「絶対」がつきました。

さすが先輩、しっぶいな~と思い、その時わたしは持っていなかったので翌日にすぐにポチして購入しました。 聴けば聴くほどいいアルバムです。

このアルバム、ジャンゴが作曲した曲、演奏した曲が中心なんですが、一曲目はMJQの名盤「DJANGO」の表題曲、ジョンルイス作曲の「ジャンゴ」。 四曲目にはジョーパス自身の作曲「フォー・ジャンゴ」が収録されています。

ユーチューブからはMJQのピアニスト、ジョン・ルイス・がジャンゴラインハルトが亡くなった時に作曲した「ジャンゴ」を貼ります。 上がジョーパスの演奏。 下がMJQの演奏。 こっちは確か以前にもこのブログに上げていると思います。